17A3DC2B-5100-4280-8761-AD9355845673
5月12日(日本時間)米国カンザスシティ州で開催された格闘技イベント『Invicta FC 47』にて、RIZINでRENAと戦ったことがあるリンジー・ヴァンザント(28=米国)が、失神KO負けを喫した。女子アトム級マッチのジリアン・デコーシーとの一戦だった。 【動画】ヴァンザントが強烈な右フックで失神KO負けした瞬間!
 ヴァンザントはRIZINで活躍するRENAと2度戦った実力者。19年6月の『Bellator 222』でRENAに一本勝ちを収めるも、同年大晦日の『RIZIN.20』でRENAにTKO負けを喫した。対するデコーシーはInvicta FCで戦ってきた強靭なフィジカルが自慢のパワーファイターだ。  試合は1R序盤から近い距離でパンチとローキックを交差させる両者。ヴァンザントが踏み込んだ瞬間、デコーシーが強烈な右フック!  ヴァンザントが崩れ落ち、両足が伸びきる失神ダウン。デコーシーが鉄槌を落とすと、すぐにレフェリーが試合を止めた。  1R1分1秒と61秒の秒殺KO勝利を飾ったデコーシー。倒れたヴァンザントは立ち上がれず会場が騒然とする中で、セコンドと喜びを爆発させた。 『Invicta FC 47』 2022年5月12日(日本時間)米国カンザスシティ州 ▼女子アトム級マッチ ●リンジー・ヴァンザント(米国) KO 1R 1分1秒 ※右フック ○ジリアン・デコーシー(米国)