39A27182-7FD2-46D4-8945-156FF548A107


8FEEA129-FD50-4FF5-AA53-394A40CD1ACD
AF377CC3-0326-40A7-9810-F986E4EEA029
A029459D-3D2E-45E4-ACE1-665A3A5DB285
2022年6月9日(木)&10日(金)にシンガポールにて開催される『ROAD TO UFC』のカードが23日、発表された。
【写真】フェザー級1回戦でそれぞれ強豪と対戦する松嶋とSASUKEは準決勝で相対するか 『UFC 275』(6月11日)のファイトウィーク中に開催される『ROAD TO UFC』には、アジア全域からMMAのトップアスリートが集結。フライ級、バンタム級、フェザー級、ライト級の4階級にそれぞれ8選手が出場し、UFCとの契約を懸けてトーナメントを戦う(※準決勝は9月、年末に決勝戦)。  6月9日(木)&10日(金)の現地時間14時30分から20時(※日本時間15時30分から21時)に開催を予定している同トーナメントには日本から7選手が参戦。さらにワンマッチで内田タケル(パラエストラ松戸)の参戦も発表された。  フライ級では、LFA王座挑戦経験を持つ堀内佑馬が、2018年のRIZINで朝倉海に判定負けしたトップノーイと対戦。  日本人3選手が出場するバンタム級では、風間敏臣が、ONE ChampionshipとWSOF出場経験を持つ26勝10敗のケレムアイリ・マイマイチツォヘチ(中国)と対戦。中村倫也がインドネシアの8勝3敗ググン・グスマンと対戦。野瀬翔平が元UFCで20勝8敗のウリジ・ブレン(中国)と対戦する。  フェザー級では、SASUKE=佐須啓祐が、WLFで活躍する18勝3敗のイー・ジャー(中国)と対戦。松嶋こよみが韓国の11勝6敗1分ホン・ジュンヨンと対戦する。ジュンヨンはDouble GFCとAngel’s FCフェザー級統一王者だ。また、今回発表されたブラケット通りなら、1回戦でSASUKEと松嶋が勝ち上がった場合、準決勝で両者が対戦することになっており、日本人同士の潰し合いが決勝を待たず行われる可能性も出てきた。  ライト級では、宇佐美正パトリックが、インドの5勝無敗のアンシュル・ジュブリと対戦する。 ◆フライ級 Horiuchi Yuma (Japan) |堀内佑馬(日本)9勝4敗 Topnoi Kiwram (Thailand) |トップノイ・キウラム(タイ)7勝3敗 堀内佑馬(ほりうち・ゆうま) 「小学生時代から始めたキックボクシングをベースに、2013年にDEEPでプロMMAデビュー。2016年の試合を最後に、UFCを目指して拠点をアメリカに移す。2021年7月にはLFAでタイトルマッチを経験(判定負け)する。2021年11月の前戦ではマーク・クライマコに1R TKO勝ち。今回のチャンスをものにする準備は整っている」 ◆バンタム級 Kazama Toshiomi (Japan) |風間敏臣(日本)9勝2敗 Maimaitituoheti Keremuaili (China) |ケレムアイリ・マイマイチツォヘチ(中国)26勝10敗 風間敏臣(かざま・としおみ) 「2020年にプロデビューすると、翌年のパンクラスネオブラッドトーナメントを制し、2022年1月には石渡伸太郎引退興行で行われたワンデートーナメントを制する。9勝中8勝がフィニッシュと決定力の高さを見せている」(※2022年4月『POUND STROM』でのTKO負けから再起戦となる) Nakamura Rinya (Japan) |中村倫也(日本)4勝0敗 Gugun Gusman (Indonesia) |ググン・グスマン(インドネシア)8勝3敗 中村倫也(なかむら・りんや) 「5歳からレスリングを始めて実績を積むと、2017年にはU-23の世界選手権を制する。東京五輪を目指すも、あと一歩で出場権を逃し、レスリングからMMAに転向。2021年にプロデビューし2戦目で修斗のランカーを下し、3戦目ではPOUNDSTORMで国際戦も経験して全勝、器の大きさを見せた。これからの日本のMMAを背負って行く可能性のある選手」 Nose Shohei (Japan) |野瀬翔平(日本)7勝2敗2分 Wulijiburen (China) |ウリジ・ブレン(中国)20勝8敗 野瀬翔平(のせ・しょうへい) 「柔道時代の首の大怪我を乗り超えて2021年に修斗でプロデビュー。その後、2021年7月に齋藤翼に判定勝ち、12月に奇天烈に一本勝ち。ONE Japan SeriesやHEATでも実績を積む。7勝中5勝が一本勝ちと極めの強さを見せている」 ◆フェザー級 Sasu Keisuke (Japan) |SASUKE=佐須啓祐(日本)9勝1敗1分 Yi Zha (China) |イー・ジャー(中国)18勝3敗 SASUKE=佐須啓祐(さす・けいすけ) 「2016年に修斗でプロデビュー。怪我のため2017年から約2年半試合から遠ざかるも復帰後は7戦全勝。2020年に修斗環太平洋王座を、2021年7月の前戦では現在PFLに参戦中の工藤諒司に判定勝ちし、修斗世界王座を獲得。米国ラスヴェガスでは朝倉海とも練習。北米修行を終えて準備万端」 Matsushima Koyomi (Japan) |松嶋こよみ(日本)12勝5敗 Hong Jun Young (Korea) |ホン・ジョンヨン(韓国)11勝6敗1分 松嶋こよみ(まつしま・こよみ) 「少年時代から空手、レスリングなどの格闘技を学び、MMA選手としての土台を作る。2015年に修斗でプロデビューすると、その年の新人王を獲得。その後はPXC、PANCRASE、ONE Championshipと戦いの場を移し、目標とするUFCの舞台に挑戦するチャンスを掴んだ」 ◆ライト級 Anshul Jubli (India) |アンシュル・ジュブリ(インド)5勝0敗 Usami Sho Patrick (Japan) |宇佐美正パトリック(日本)4勝1敗 宇佐美正パトリック(うさみ・しょう・ぱとりっく) 「幼少時に父から空手を習い始める。その後、ボクシングに転向し、高校では6冠を達成、2018年の世界ユース選手権では銅メダルを獲得。東京五輪を目指すも選考会で敗れ、その後、MMAに転向した(VTJ、修斗で3連勝後、前戦は2022年4月の『POUND STORM』で大尊伸光に判定負け)。プロMMA4勝1敗」 ◆ワンマッチ Tkeru Uchida|内田タケル(パラエストラ松戸) Shaun Etchell|ショーン・エッチェル(豪州)7勝2敗  ダナ・ホワイトコンテンダーシリーズ、ONEやWLF、Double GFC、ROAD FC等で活躍する選手も名を連ねるなか、日本人選手は勝ち上がってUFC契約を獲得できるか。 ☆『ROAD TO UFC』全階級組み合わせ ◆フライ級(56.7kg以下) Horiuchi Yuma (Japan) |堀内佑馬(日本)9勝4敗 Topnoi Kiwram (Thailand) |トップノイ・キウラム(タイ)7勝3敗 Park Hyun Sung (Korea) |パク・ヒョンソン(韓国)5勝0敗 Jeremia Siregar (Indonesia) |ジェレミア・シレガル(インドネシア)6勝2敗 Choi Seung Guk (Korea) |チェ・ソングク(韓国)4勝1敗 Rama Supandhi (Indonesia) |ラマ・スパンディ(インドネシア)7勝3敗 Wallen Del Rosario (Philippines) |ウォーレン・デル・ロサリオ(フィリピン)10勝3敗 Qiu Lun (China) |チウ・ラン(中国)14勝8敗 ◆バンタム級(61.2kg以下) Kazama Toshiomi (Japan) |風間敏臣(日本)9勝2敗 Maimaitituoheti Keremuaili (China) |ケレムアイリ・マイマイチツォヘチ(中国)26勝10敗 Nakamura Rinya (Japan) |中村倫也(日本)4勝0敗 Gugun Gusman (Indonesia) |ググン・グスマン(インドネシア)8勝3敗 Kim Min Woo (Korea) |キム・ミンウ(韓国)10勝2敗 Xiao Long (China) |シャオ・ロン(中国)24勝7敗 Nose Shohei (Japan) |野瀬翔平(日本)7勝2敗2分 Wulijiburen (China) |ウリジ・ブレン(中国)20勝8敗 ◆フェザー級(65.8kg以下) Sasu Keisuke (Japan) |SASUKE=佐須啓祐(日本)9勝1敗1分 Yi Zha (China) |イー・ジャー(中国)18勝3敗 Matsushima Koyomi (Japan) |松嶋こよみ(日本)12勝5敗 Hong Jun Young (Korea) |ホン・ジュニョン(韓国)11勝6敗1分 Lee Jeong Yeong (Korea) |リー・ジョンヨン(韓国)7勝1敗 Xie Bin (China) |シエ・ビン(中国)8勝3敗 Lu Kai (China) |ルー・カイ(中国)7勝3敗 Angga Hans (Indonesia) |アンガ・ハンス(インドネシア)13勝2敗 ◆ライト級(70.3kg以下) Balajin (China) |パラジン(中国)17勝2敗 Ki Won Bin (Korea) |キ・ウォンビン(韓国)15勝7敗 Ailiya Muratbek (China) |アイリヤ・ムラトベク(中国)9勝2敗 Pawan Maan Singh (India) |パワン・マーン・シン(インド)7勝2敗1分 Anshul Jubli (India) |アンシュル・ジュブリ(インド)5勝0敗 Usami Sho Patrick (Japan) |宇佐美正パトリック(日本)4勝1敗 Asikeerbai Jinensibieke (China) |アシカルバイ・ジンエンスビエク(中国)33勝10敗 Kim Kyung Pyo (Korea) |キム・ギョンピョ(韓国)10勝3敗  なお、同大会の入場は無料。チケットは公式サイトに登録された情報をもとに、先着順で配布される。なお、『UFC 275:テイシェイラ vs. プロハースカ』のVIPパッケージ購入者には、2日間の『ROAD TO UFC』の指定席が含まれているが、今後のVIPパッケージ購入者は「空席がある場合」に限定される。

80C82839-BA22-4615-BFA9-59D754D30E53 https://twitter.com/suasuke_jp_3009/status/1528677487605317632?s=21&t=iWyc1s2Hoo_RwcpmM7Fbug
35: 名無しの格闘マニア 2022/05/23(月) 16:16:15.21 ID:3rVvzT3G0
ロードトゥUFCのカード発表されたね

一回戦を勝ち上がれば日本人同士のカードもセミで実現!

36: 名無しの格闘マニア 2022/05/23(月) 17:23:29.96 ID:AdMdW/z5M
日本人同士の試合とかやめてくれ
いつしかの日本大会みたいだ
引用元: https://itest.5ch.net/medaka/test/read.cgi/k1/1653163482/