E0ED049D-A141-4594-B609-C1E97CA02E10
 7月31日(日本時間)に米国ネバダ州ラスベガスにて開催された総合格闘技イベント『UFC 277』のライト級マッチにて、ドリュー・ドーバー(33=米国)が強烈な左ボディストレートでハファエル・アウベス(31=ブラジル)からKO勝利を飾った。 【動画】悶絶ボディストレートKO!  ドーバーは14年からUFCに参戦するベテラン。柔術とテコンドーで黒帯を持ち、MMA24勝で17フィニッシュ(8KO・9一本)をマーク。今年3月の前戦でKO勝利を収めるなど、勢いに乗っている。  アウベスは米国MMA「TitanFC」の元ライト級王者。20年のUFC登竜門イベント「DWCS」で一本勝ちし、UFC参戦すると1勝1敗の戦績を残している。キャリア20勝で15フィニッシュ(7KO・8一本)を誇る。  試合は3R、ドーバーの強いプレッシャーで、アウベスが金網まで下がると、ドーバーが強烈な左ボディストレート!アウベスは苦悶の表情で前のめりに崩れ落ちると、レフェリーがすぐに試合を止めた。  ドーバーのボディストレート一撃KOに会場は大歓声。ドーバーは、大会で最も優れたパフォーマンスを見せた複数の選手に贈られる「パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト」を受賞した。 WME-IMG 『UFC 277』 2022年7月31日(日本時間)米国ネバダ州ラスベガス ▼ライトヘビー級マッチ ○ドリュー・ドーバー(米国) KO 3R 1分30秒 ※左ボディ ●ハファエル・アウベス(ブラジル)

 
https://news.yahoo.co.jp/articles/d11d5fe9de50766f81626948434ee9b21423e0c7