2F20CF79-1FAF-4872-A32E-526631265936
なんと総合格闘技(MMA)を行う円形のケージサークルで格闘技とバスケットボールが融合!?掴んで投げる!こんな危険なスポーツが今カザフスタンで人気だ。 【フォト&動画】危険なバティルボール!バックボード粉砕、足にしがみつき、まさかの巴投げも  カザフスタンに本拠地を置くMMAプロモーションの「NAIZA FC」が考案した新スポーツで名前は「BATYRBALL」(バティルボール)。  バスケットボールの3オン3のように、3人編成の2チームが1つのバスケットーゴールにボールを入れる競技。通常の3オン3と違うのは、プレーするコートはケージ、選手は裸足、そして、選手はバスケットボール選手ではなくMMAファイターなのだ。  さらに、トラベリング(ボールを持った状態で3歩以上歩いてはいけない)ルールもなく、ディフェンスもオフェンスも相手選手に対しての取っ組み合いがOK。通常のバスケであれば違反となる相手選手への掴みや投げが解禁されているのだ。  今回紹介する映像の中には、ジャンプシュートを放つ選手に足にしがみつく危険行為、ディフェンスする選手と取っ組み合い巴投げをするなど、通常のバスケでは到底見られない“ヴァイオレンス”な要素がたくさん見受けられ、選手の安全面をあまり考えてないのか、1番のハイライトは選手が激しいダンクをし、バックボードを破壊した場面。選手は裸足のため、粉砕されたバックボードの破片が足に刺さる危険性は高いだろう。  23日にYouTubeで公開された試合映像は2万人近くが既に視聴しており、この競技についても英国タブロイド紙「DAILY STAR」が報じている。  世界には奇妙なスポーツがたくさんあるが、この「BATYRBALL」はどこまで人気が広がるのか。注目だ。

 
https://news.yahoo.co.jp/articles/44cbef8f306c410e05a2c94ca229ad7cdc51c373