IMG_7369
格闘技イベント『K-1 ReBIRTH2』 2023年12月9日(土)エディオンアリーナ大阪 ▼第7試合 スーパーファイト/K-1女子アトム級 〇菅原美優(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ/K-1 WORLD GP女子アトム級王者) 判定3-0 ※三者ともに30-28 ●ルシール・デッドマン(オーストラリア/WBCムエタイ豪州ミニフライ級王者) 【フォト】菅原のハイキック、パンチの打ち合いも!  菅原は前Krushアトム級王者で、3度の防衛に成功後、今年10月に返上。  K-1では今年3月にK-1 WORLD GP女子アトム級王者パヤーフォン・SWタワンに勝利し、王座を獲得した。その勢いのまま7月、9月と海外強豪に完勝している。  対するデッドマンは戦績は9戦9勝(1KO)無敗の24歳。これまでにWBCムエタイ豪州ミニフライ級王座を獲得している。  1R、ローを放ってくるルシールに対し、菅原はステップから前蹴り、右ストレート。さらに菅原はテンポよくロー、ミドルと放っていく。ルシールの右フック、ジャブは見切ってかわし、菅原は前蹴り、ミドルを打ち込んでペースを握る。前に出てくるルシールを菅原は前蹴りとサイドステップでかわすが、ルシールもローを決めていく。  2R、ローを当て前に出んとするルシールだが、菅原は蹴られても押して出て前蹴り、ワンツーで攻める。前に来ようとするルシールに菅原は前蹴りと左右ストレート、カーフキックと当てていく。顔面前蹴りもルシールにヒット。菅原が距離を掌握してきたか。  3R、ローとミドルを当てるルシールだが、菅原はすぐステップしてその後を追わせない。ワンツーからの左ボディを効かせ、ルシールのガードを落とす。菅原はカーフを決め、ルシールが出てくるとカウンターの右ストレートを打ち込む。ルシールは蹴りから距離を詰めんとするが、菅原はパンチを伸ばして阻止。最後も前蹴りとストレートでルシールを攻め終える。  判定は30-28、30-28、30-28の3-0で菅原。ペースと距離を掌握して勝利した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6734c3733d58abdd68b62d1d2f0a027b82a52e10IMG_7370
https://x.com/k1wgp_pr/status/1733382301151899968?s=46&t=miPHrqXb-NTvdNYV3uNgCQ