IMG_7401
12月10日(日)に米国ネバダ州ラスベガスUFC APEXで開催された総合格闘技イベント『UFCファイトナイト・ラスベガス83』のフライ級マッチで、平良達郎(23=Theパラエストラ沖縄)がカルロス・ヘルナンデス(30=米国)に右ストレートからのパウンド連打で2回TKO勝利。日本出身のUFCファイターでは水垣偉弥に並ぶUFC5連勝を飾った。さらに自身の無敗記録を「15」に伸ばした。 【動画】KO勝利に喜ぶ平良、相手のヘルナンデスは顔面流血!  平良は第8代修斗世界フライ級王者で日本が誇る無敗の超新星。昨年5月にUFCデビューを飾ると、カルロス・カンデラリオ、CJ・ベルガラ、ヘスス・アギラーを撃破。今年7月にはエドガー・チャイレスを破り、4戦全勝を叩き出した。  対するヘルナンデスは、デイナ・ホワイトのコンテンダーシリーズ出身のストライカー。戦績は9勝2敗で、UFC本戦では2勝1敗だ。  1R序盤、ヘルナンデスが平良をケージに押し込み、反り投げを放つが、平良が体重を預けながら投げをつぶしトップを奪う。すぐにマウントを奪いパウンド連打する平良。嫌がるヘルナンデスが逃げようとすると今度はバックを奪取。  残り1分、得意のリアネイキッドチョークの体勢。しかしヘルナンデスが逃げ続けると、平良は無理をせず、パウンドを落とすなど、巧みなトップコントロールでヘルナンデスを苦しめる。  2R序盤、スタンド打撃の展開、平良がカーフを当てヘルナンデスを崩すと、右ストレート炸裂!  ヘルナンデスが倒れると、平良が怒涛のパウンド&鉄槌のラッシュ!ヘルナンデスの顔面から流血すると、レフェリーが試合をストップした。  2R55秒と鮮やかなTKO勝利を飾った平良。勝利マイクで「アイ・アム・ハッピー、センキュー!」と叫び喜ぶと、11戦無敗のムハンマド・モカエフの名前を挙げて「来年の2月か3月に対戦したい」と意気込んだ。 『UFCファイトナイト・ラスベガス83』 12月10日(日)米国ネバダ州ラスベガスUFC APEX ▼フライ級マッチ ○平良達郎(Theパラエストラ沖縄) TKO 2R55秒 ※右ストレート→パウンド連打 ●カルロス・ヘルナンデス(米国)
https://news.yahoo.co.jp/articles/cba4819727fb51e8b22ab40a86bcec138950fcefIMG_7402
https://x.com/tatsuro_ch/status/1733667918138028241?s=46&t=miPHrqXb-NTvdNYV3uNgCQIMG_7403
https://x.com/captude71/status/1733658159229866139?s=46&t=miPHrqXb-NTvdNYV3uNgCQ