格闘マニア速報

総合格闘技(RIZIN等)の5chまとめ速報をお伝えしています。 交流、暇つぶし、情報収集など自由にご利用ください!

    井岡一翔

    1: 名無しの格闘マニア 2022/08/03(水) 18:44:08.28 ID:CAP_USER9
     プロボクシングのWBA世界ライトフライ級スーパー王者の京口紘人(ワタナベ、28)が2022年8月2日にユーチューブチャンネルを更新。7月13日に行われた井岡一翔(志成、33)対ドニー・ニエテス(フィリピン、40)戦のラウンドガールについて自身の見解を語った。

    ■「視聴者側からすれば目に行きますよね」

     動画は「井岡一翔世界タイトルマッチのラウンドガールの衣装で思ったこと...」とのタイトルで公開され、現役世界王者の視線から持論を展開した。

     世界4階級制覇同士の一戦は井岡が安定した力を発揮しニエテスを寄せ付けず3-0の判定で5度目の防衛に成功。インターネットでは試合中からラウンドガールを務めた3人が話題となり、試合が終わってからもラウンドガールの動向が注目された。

     井岡戦をテレビ観戦したという京口は冒頭で「一発目ポンッと(ラウンドガールが)出た時に声出ましたもん。『えっ』って」と衣装に衝撃を受けたことを明かした。

     自身の試合時には試合に集中しているためラウンドガールは目に入らないという京口は「視聴者側からすれば目に行きますよね。ラウンドガール。どういう目的でやってるのかという。やっぱりお客さんを楽しませるためのキャスティングなのかなと思うけど」と率直に述べた。

    「海外はあそこまで攻めた衣装はないと思います」
     また、今回のラウンドガールに対してボクシングファンから賛否があると前置きし、「僕が見て正直思ったのは派手ですし、正直上品とは思わなかった。下品ぽく見えたなと」と衣装に言及。そして「存在をすべて否定するわけではないですけど、ただやっぱり衣装だったりというのはちょっといき過ぎてるというのは感じました」と続けた。

     ボクシングのラウンドガールは主に世界戦などに登場し、観客やテレビを観戦しているファンにラウンド数を伝える役目を担っている。海外でも多くの世界戦でラウンドガールが活躍。6月10日にメキシコでタイトル戦を終えたばかりの京口は「海外はあそこまで攻めた衣装はないと思いますけどね」と自身の経験をもとに海外事情に言及した。

     一方で今回のラウンドガールの衣装について、本人らではなく運営側の配慮の問題であるとし、現役の世界王者の立場から見てラウンドガールとは全く関係のない井岡にも風評被害が及ぶ可能性があることを指摘した。

     このような状況を踏まえ京口は「見る分にはいいけどあのリングの上で世界タイトルマッチという神聖なリングでああいう演出に関してはダメだと思いました」とストレートに述べ、「お客さんに楽しんでもらいたい一貫の演出だと思うので全部が全部否定できない。色々アイディアがあれば興行としての演出は成立するものだと思うけど、井岡さんのこの前のタイトルマッチに関してはちょっとどうかなと思います」と複雑な心境をのぞかせた。(以下ソースで)

    8/3(水) 15:55配信 J-CASTニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/60e4d4c3918544ff5b6f960aadff2331ebd2c538
    京口選手(写真:アフロ)
    no title

    引用元: https://itest.5ch.net/hayabusa9/test/read.cgi/mnewsplus/1659519848/

    【【ボクシング】井岡戦のラウンドガールの衣装に京口紘人が苦言「下品ぽく見えた」「神聖なリングであの演出はダメ」】の続きを読む

    9F5C7DE2-8222-4815-BD1E-AD8886404279

    【【ボクシング】井岡一翔、今月誕生の次男は「大空翔(たくと)」と命名】の続きを読む

    1: 名無しの格闘マニア 2022/07/14(木) 14:49:09.19 ID:CAP_USER9
    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/4320422/
    2022年07月14日 12時38分

    脳科学者の茂木健一郎氏(59)が14日、ツイッターを更新。ボクシングのタトゥー問題に言及した。

    13日に行われたWBO世界スーパーフライ級タイトルマッチで王者の井岡一翔が白の塗装でタトゥーを隠し、フィリピンの挑戦者が胸のタトゥーを隠さずにリングに立った。現行のJBCルールでタトゥー禁止のルール適用は日本人選手に限られたもので、一方が隠し、一方がタトゥーを出したままの状態で試合をすることに違和感があり、日本ボクシングコミッション(JBC)がタトゥーへの対応に苦慮している。

    茂木氏はこれに「なぜ愚かな偏見に社会全体が合わせなければならないのか?」という日本の現状を疑問視。

    さらに海外と比較し、ボクシング以外でもタトゥーがタブー視されている日本社会について「恥ずかしい。温泉やプールも同じこと」とつづった。

    茂木氏の意見にフォロワーからは「日本では昔から罪人、ヤクザの象徴になっている」「ルールなら守るべき」「刺青の有り無しで何人も差別されてはならない」「全く同じ意見」など賛否両論が巻き起こっている。

    no title

    no title


    関連記事
    https://www.tokyo-sports.co.jp/fight/boxing/4319123/
    V5成功の井岡一翔〝タトゥー隠し〟にJBC困惑「相手は完全に入れ墨…この矛盾が課題」

    引用元https://itest.5ch.net/hayabusa9/test/read.cgi/mnewsplus/1657777749/: 

    【【ボクシング】脳科学者、茂木健一郎氏 井岡一翔〝タトゥー問題〟で日本憂う「愚かな偏見に社会全体が合わせなければならないのか?」】の続きを読む

    CA1C8EB3-E7C4-46AA-A255-F9EC8BB2444A


    【【ボクシング】V5井岡が会見 将来のエストラーダ戦熱望「引きずり出すためにもベルトを2本まとめる」】の続きを読む

    2440BCD5-AD6C-4A58-AED4-795B58F3B472


    【【ボクシング】井岡一翔 第2子次男誕生を報告「これからも愛する家族を守り続けます!」】の続きを読む

    このページのトップヘ